5コマでわかる食べ方のキホン

ひつまぶし

2014/03/17 | 投稿者:marumo

R1021027

うなぎの蒲焼を細かく刻んでご飯にまぶした名古屋の名物料理「ひつまぶし」。焼く前に蒸さない関西風の「地焼き」が特徴です。一緒に運ばれてくる出汁を入れて、お茶漬け風に食べるイメージはあるけど、実際にどう食べればいいかって、案外わかりませんよね?

  • R1021032

    まずはおひつを4分割に

    まずは、おひつに入ったひつまぶしを4分割します。うなぎの形状はあまり気にせず、思い切って十文字にしゃもじを入れるのがポイントです。

  • R1021033 のコピー

    1膳目はそのままいただく

    1膳目は、お膳に載った茶碗に4分の1をよそい、そのままいただきます。焦げ目のついたうなぎのカリッとした食感と濃いめのタレのインパクトを堪能しましょう。

  • R1021035

    2膳目はネギとワサビで

    2膳目として4分の1をよそい、今度はさらしネギとワサビを載せて違う食感を楽しみましょう。ネギの歯ざわりとワサビの風味がうなぎの脂の甘みを引き立ててくれます。

  • R1021037 のコピー

    3膳目は定番の「うな茶漬け」で

    3膳目は、2膳目の薬味と刻みのりを載せ、出汁をかける定番の「うな茶漬け」としていただきましょう。うなぎの脂が溶け出したまろやかな出汁も絶品! これこそ「ひつまぶし」。

  • R1021039

    最後はお好みのスタイルで食べよう

    おひつに残った最後の4分の1は、3通りのうちの自分好みのスタイルで堪能しましょう。最後のひと口まで、味のバリエーションを楽しみつくすのが名古屋流。出汁や薬味がなくなったら、お代わりを頼めるそうです。

  • 和食TOPへ
  • 5コマでわかる食べ方のキホンTOPへ