5コマでわかる食べ方のキホン

もんじゃ焼き

2015/06/09 | 投稿者:maui

IMG_0853

東京・下町の伝統グルメ、もんじゃ焼き。難しすぎないけど、なんとなく食べ方が曖昧という人も多いと思います。土手から出汁ははみ出してもいいのか、どのタイミングで食べたらいいのか、馴染みがないとわかりづらいですよね。そこで今回は下町ならではの、簡単で美味しいもんじゃの食べ方をご紹介します!

  • IMG_0865

    具材を先に焼く

    鉄板が温まってきたら油をひき、出汁のなかから具材だけ取り出します。具材を鉄板で焼きながら、キャベツなどの野菜を細かくきざんでいきましょう。

  • IMG_0878

    土手をつくり、出汁をなかに投入

    具でリング状の土手をつくり、出汁を真ん中に流し込みます。出汁は一回ですべていれずに、何回かに分けて少しずついれていくと、決壊せずにすみますよ!

  • IMG_0973

    決壊してもあわてずに!

    出汁が土手からあふれて、決壊してしまっても大丈夫です。大きいヘラで、あふれたところを中心に向かって押し返していけば、具材と良い感じにからまってくれます。

  • IMG_0981

    トッピングはあとのせで

    チーズなどのトッピングは、別皿でついてくることが多いので、出汁と具材がからまってからのせたほうがおすすめです!

  • IMG_0990

    おこげも楽しむのが下町流!!

    小さいヘラで薄くのばし、はがして食べましょう。そのときにできるおこげも美味しいので、ヘラで削って食べてみてくださいね!

タグ: ,

  • 和食TOPへ
  • 5コマでわかる食べ方のキホンTOPへ