5コマでわかる食べ方のキホン

手打ちそばの粋な食べ方

2017/02/28 | 投稿者:kawasaki

_DSC2332

日本人なら誰もが大好きな「そば」。それだけに、本格的な手打ちそばの繊細な風味を堪能するためのお作法は知っておきたいところ。刻みネギやわさびなどの薬味はそばつゆに入れる? 食べるときは音を立てていい? 食後のそば湯はどうすればいい? そんな疑問を専門家にズバリ聞いてきました。お話をうかがったのは、東京都文京区にお店を構える「手打ち めん処 はし」のご主人・柳 亮自さん。

  • _DSC2357

    まずは薬味なしで

    手打ちそばのお店なら、挽きたてのそば粉の風味をしっかり受け止めるのがお作法。まずひと口めは、そばつゆにつけずに“そのまま”食べてみましょう。目を閉じて、鼻に抜ける繊細な風味を堪能できれば、あなたも立派な「そば通」です。

  • _DSC2367

    薬味をそばにのせて

    刻みネギやわさびなどの薬味はそばつゆに入れずに、その都度、適量にそばにのせて食べたほうが、風味を楽しめます。もちろん、薬味をつゆに入れるのもNGではありません。その際は、薬味を入れる前に必ずそばつゆ本来の味も堪能しましょう。

  • _DSC2378

    一気に食べるのが最大のお作法

    食べるときは、ひと口大のそばの下半分くらいをつゆにつけて味わうのが基本。すするときは、音を立ててもNO PROBLEM! 途中で噛み切らず、一気にすすりましょう。めんつゆの器は、手で持ってOKです。そばはすぐにのびて千切れてしまいます。

  • _DSC2383

    天ぷらの薬味も具にのせて

    そばの薬味と同様に、大根おろしなど天ぷらの薬味も具材にのせて食べるほうがベター。そのほうが、薬味の味も引き立ちます。大衆店のランチセットなどの場合、そばつゆと天つゆが一緒の器で出されるパターンも。そんなときも薬味をつゆに入れなければ、それぞれの味を楽しめます。

  • _DSC2408

    仕上げはそば湯でつゆを堪能

    食後のお楽しみはそば湯。残ったつゆの器にそば湯を注ぎ、適度にうすめていただきます。温まることで、そばつゆ本来のだしの風味も開いてきて、ほっこり気分を味わえます。
    【取材協力】
    手打ち めん処 はし
    住所:東京都文京区関口1-48-6
    TEL:03-3268-7557
    営業:11:30〜14:00、17:00〜20:00(土曜は11:30〜14:00のみ)
    定休日:日曜、祝日

  • 和食TOPへ
  • 5コマでわかる食べ方のキホンTOPへ