5コマでわかる食べ方のキホン

ほろ酔い社長マルモの「国産ワイン酒場」探訪

第1回 Jip WINE BAR &WINE SHOP

2015/12/11

皆さん、ワイン飲んでますか?
私もワインが大好きです。
できることなら、ワインの海に溺れたい。
「あたしの血はワインでできてるの」とか言ってみたい……。

実際そうもいかないので、週末に慎ましく飲んでますけど。

ワインとひと口に言っても産地はいろいろ。
ぶどう品種や銘柄も星の数ほどあって、詳しくなるのもひと苦労。
そこで、私は思いついたのです。
国産ワインなら、けっこう詳しくなれるんじゃないだろか??

ワイン通の皆さんならご存じの通り、
日本の国産ワインはかなり本格的になってきてます。
ワイナリーも増加中で、面白い銘柄が続々登場しています。

というわけで、国産ワインに詳しくなるために
私が選んだテーマは、国産ワイン酒場めぐり。

国産ワインを専門的に扱うお店って、けっこうあるんです。

と前置きはこのへんにして、記念すべき第1回はこの店。
新宿2丁目にある『Jip WINE BAR &WINE SHOP』。
かれこれ7~8年前に知り合いのオカマ編集者が教えてくれたお店です。

というわけで、訪れたのは5月某日。
グラスワインのリストはこんな感じ。

IMG_0270

というわけで、1杯目はやっぱ白から。
せっかくなので、ちょっと変化球で、北海道のリタファーム&ワイナリーの
「モンガク・ナチュール デラウェア2014」(グラス800円)をチョイス。

IMG_0271

スーパーで売ってるデラもワインになるんですね~。
しかも、すっきりしてておいしいとか店員さんもいうので、
頼んでみたら、まーなんつーか「デラだね」って感じ。
飲みやすいけど、甘さが前面に出すぎて、アロマが感じられない印象でした。
甘口の白が好きな人なら楽しめる気がしますが。

気を取り直して、2杯目は赤へ。
もう外したくないので、長野の超有名ワイナリー・井筒ワインの
「カベルネ・ソーヴィニヨン2012」(グラス800円)でストライクを置きに行きました。

IMG_0274

う~ん、濃厚でスパイシーな酸味の奥に微かな甘み。
正統派のカベルネです。いやーおいしい、大正解。
通販サイト調べてみたら、2012はもう入手できない様子。
これは、もう一度飲む価値あるかも。

その後、調子に乗って、ボトルへ。
ワインバーに併設されたショップでボトルを選びます。
ボトルの料金+1500円でお店で飲むことができます。

で、悩んだ挙げ句にセレクトしたが
長野・はすみふぁーむの「ピノ・ノワール2013」。

IMG_0495

実は、数年前にこのお店で国産のピノを頼んで大成功したことがあったので、
それにあやかってみたのだが、これがまた、文句なしのお味。
グラスで揺れる淡いボディに不釣り合いなベリー系の深い果実味。
ストレートじゃない、奥行きのある酸味。完璧っす。

こちらも通販サイトで調べてみたら千、曲川ワインバレーシリーズっていう
プレミアムラインで、すでにSOLD OUTのようです。

写真の豚肉のパテ(850円)と一緒にすっかりおいしくいただきました。
ごちそうさま!

「Jip」って、都内の国産ワイン通なら知らない人はいない有名店。
通販でも入手しづらい人気銘柄がグラスで楽しめるのはありがたいです。

全員が詳しいわけじゃないけど、店員さんに聞くとそれなりにおすすめ銘柄も教えてくれます(バイトじゃないっぽい人に聞くのがポイント)。

国産ワインの基本を知るにはもってこいのお店だと思います。

■SHOP INFO
名前:Jip WINE BAR &WINE SHOP
Web:http://jipwine.com/

この記事を書いた人
丸茂 健一

ほろ酔い社長マルモの「国産ワイン酒場」探訪

  • ほろ酔い社長マルモの「国産ワイン酒場」探訪
  • ステキなお店の店主が知りたい
  • ゆうゆうのおはかな日誌
  • スポーツ観るなら欠かせない!「おすすめ観戦メシ」
  • 気になるお店の気になるひとたち「喫茶 ・絵日記」
  • 映画みたいなデートがしたい